tojiki

陶磁器

主な生産地:佐賀

400年以上の歴史を誇る、佐賀県の陶磁器文化。

佐賀県では、古くから「伊万里・有田焼(いまり・ありたやき)」や「唐津焼(からつやき)」を始めとした陶磁器づくりが盛んに行われてきました。そのため、佐賀の陶磁器が、世界中の陶磁器に影響を与えたと言われています。

「伊万里・有田焼(いまり・ありたやき)」

400年の歴史が育んだ炎の芸術品。

特徴

透き通るように白い磁肌と呉須で描いた染め付け、華やかな赤絵が特徴の磁器です。高い耐久性を持ち、美術品から日用品まで多くのアイテムを生産しています。

背景

伊万里・有田焼の起こりは1616年。朝鮮半島から渡って来た李参平が、有田町の泉山で陶石を発見し、日本で最初の磁器を焼いたのが始まりです。
その後、初代酒井田柿右衛門による赤絵の技法が完成し、今日の伊万里・有田焼の基礎を築きました。17世紀からは欧州など諸外国への輸出が始まり、また全国の陶磁器産地に独自の技術を伝えるようになります。その功績は大きく、伊万里・有田焼は国内外で高い評価を得るようになりました。
透き通るように白い磁肌と華やかで精緻な絵付けの技は、先人達の多大な努力と工夫によって発展し、守られてきました。今もその伝統は脈々と受け継がれており、伊万里・有田焼は完成された美しさを誇っています。

「唐津焼(からつやき)」

使うほどに味わい深くなる侘び寂びの陶器。

特徴

唐津焼は生活の道具としての素朴な美しさが魅力。料理を盛り、花を生けることで完成する「用の美」を備えています。粗く渋い素地からは、独特の温もりと力強さが感じ取れます。

背景

室町時代末期から桃山時代にかけて岸岳城を居城とした波多三河守親の庇護の下、生活雑器を中心に焼かれたのが唐津焼の始まりです。現在の様式が生まれたのは、別名「やきもの戦争」と言われた、日本の窯業界に多大な影響を与えた文禄・慶長の役以降のこと。朝鮮半島へ出陣した諸大名は、多くの朝鮮陶工を連れて帰国しました。陶工たちは特別大切に扱われ、彼らがもたらした新しい技術「蹴ロクロ」と「連房式登り窯」により、唐津焼は大きく発展することになります。
大量の唐津焼が唐津港から全国へ運び出され、「一楽、二萩、三唐津」と言われるほど、茶人ほか多くの人々から親しまれるようになりました。

出荷時期

SAGAPIN公式SNS