海外販売支援グループ

1.関係団体と連携した輸出促進(佐賀牛、日本酒等)

佐賀県農林水産物等輸出促進協議会

2007 年に発足し、農林水産物を中心に高品質な県産品の輸出事業を支援。

海外バイヤーの招聘商談会・海外見本市への出展などバイヤーとの商談機会の提供や、新たな国や商流が確立していない県産品の市場調査等の実施、様々な県産品の輸出可能性を調査し、更に発掘した海外バイヤー等の招聘を行うなど、輸出モデルの構築を図っています。

  • 協議会構成メンバー:佐賀県農業協同組合、唐津農業協同組合、伊万里市農業協同組合、佐賀市、唐津市、伊万里市、武雄市、鹿島市、小城市、嬉野市、佐賀県、公益財団法人 佐賀県産業振興機構 さが県産品流通デザイン公社

佐賀県酒類輸出促進協議会

2020 年 5 月 15 日に、佐賀県の酒類産業の一層の発展を図るため、佐賀県酒造組合、佐賀県及びさが県産品流通デザイン公社が発起人となり、佐賀県酒類輸出促進協議会を設立。

世界的な日本食ブームの広がりや成長著しいアジア圏の経済発展に伴う高所得層の増加等により、日本産酒類の輸出量は年々増加傾向にあります。佐賀県産酒類にあっては、関係者各々の取組によって輸出量は年々増加し、世界各国での評価も高まってきています。

関係機関が一体となって佐賀県産酒類の輸出へ取り組むことにより、更なる輸出量の拡大を目指しています。

2.海外市場調査、トライアル支援

県産品輸出可能性等調査事業のフォローアップ及び新規国・品目の市場調査を実施し、県産品の海外への販路拡大を図る取り組み。
  • 対象国:アメリカ、EU等
  • 対象品目:加工食品(酒を含む。)、農水産物
  • 輸出量の拡大が期待できる国や品目に係る販路拡大支援
  • これまで県産品の輸出実績のない国や、商流が確立していない品目の市場調査

3.香港・東南アジアエリア輸出支援

県産品最大の仕向地・香港における輸出支援体制の強化を図るとともに、香港を中心として中国や東南アジアでの販促活動を強化し、県産品の輸出促進を図る取り組み。

  • 海外バイヤー等の発掘、状況に応じた招へい
  • 輸出入卸事業者と連携したプロモーション等の実施
  • 国内外における展示商談会等開催
  • 中国向け販路拡大支援
お問い合わせ:海外販売支援グループ 0952-20-5603 (平日 09:00~17:00)

SAGAPIN公式SNS