saganishiki

佐賀錦

主な生産地:佐賀

洗練された趣豊かな錦模様

佐質錦の起源には、江戸時代末期に鹿島藩鍋島家で創作されたという鹿島説と、それよりも以前に小城藩で作られていた錦を鹿島藩に伝えたという小城説の2つがあります。
鹿島説は、鹿島藩鍋島家第9代藩主の夫人、柏岡の方(篤子)が網代天井に着想を得て、これで日用品を作れないかと側近に相談したことが始まりです。そこで近習が研究の末に観世紐(かんぜよ)り(和紙を細く切り縒り合わせたもの)で網代形を編み、印籠を製作します。これが鹿島錦の基となりました。
明治初期になると佐賀錦の生産は一時中断しますが、佐賀県出身の大隈重信がこれを大変に惜しんだことから、旧華族の間で再興されました。
その後、1910年にロンドンで日英大博覧会が開催された際、大隈頂信の計らいで、組み錦や鹿島錦と呼ばれていたものを佐賀錦と名付けて出品しました。これが「日本手芸の極致」と称賛を受け、その名声を海外にまで広めるきっかけとなりました。この出品を機に名付けられた佐賀錦の名が、以後、一般的に定着するようになりました。

 

名刺入れ

 

マスクブローチ

 

特徴

金銀の箔を貼ったり、漆を塗ったりした和紙を細く裁断して経(たて)糸に、染色した絹糸を緯(よこ)糸に用いて織り上げる錦です。伝統的な技術を受け組ぎながらも、現代人の感性に響く大胆な文様や色使いが特徴です。

 

金銀の箔を貼った経糸に緯糸を通して織り上げる

方眼紙を使い、緯糸を黒、経糸を白に1マスことに塗りつぷしていき、文様を作成します。図案見本を参考に、配色を検討します。金銀の箔を貼った経糸を必要な寸法に切り、それを織り台に貼り付けて、織機を準備します。
糸を通す道具に、緯糸を必要な分だけ巻き、織り出し(織り始め)と織り終わりに無地の平織りを織って経糸を定着させます。布を織り上げた後、必要な材料と織布を使って製品に仕上げます。

出荷時期

SAGAPIN公式SNS